名古屋バースクリニック 
名古屋市名東区の産婦人科・無痛分娩・自然分娩・子連れ入院・家族同室入院 名東区・千種区・守山区・尾張旭市・長久手

名古屋バースクリニック

医院までのアクセス

名古屋バースクリニック

美容外科

ずっと気になっていた
という症状に対応します

外見、体表面の悩みは薬で治せるものばかりではありません。
レーザー照射のような治療が必要な場合や、手術のような方法が望ましい場合など、その治療法は多岐にわたります。
それぞれの症状やお悩みに対して、適切と思われる方法を提案させて頂きますので、お気軽に御相談下さい。

バースクリニック
ポイント

対応する医師・スタッフ
は全て女性

女性特有のデリケートな悩みにも対応できるよう医師も含めてスタッフは全て女性です。

個室でカウンセリング

看護師、カウンセラーとの相談時にもプラバシーに配慮し、個室をご用意しています。

ライフスタイルに
合わせたプランニング

日帰り手術や入院手術にも対応しています。手術後すぐに帰宅が心配な方は入院での治療をご提案いたします。

痛みと安全に配慮

痛みに対して不安が強い方には痛みを緩和する注射や麻酔をご提案します。当院は手術室を完備しており、麻酔科標榜施設ですので、安心して麻酔をした治療をお受けいただけます。

手術後は個室で安静に

手術室を退室してすぐに帰宅が不安な方や一時的な安静が必要な方はシャワー・トイレ付の個室でお休みいただけます。

埋没法 ごく小さな切開より糸をかけて二重のラインを作成します。
手術時間が短く、少量の麻酔で手術可能なため、術後の腫れも少ないのが利点です。
二重の幅や角度などはご希望に合わせて調整いたします。
切開法に比べ後戻りする可能性があります。
切開法 局所麻酔(注射の麻酔)下に、切開して二重のラインを作ります。
切開部は瞼板もしくは腱膜に癒着しますので、消失することはほぼありません。
術後の大まかな腫れが消失するのに、1週間はかかります。
上眼瞼のたるみ 上眼瞼は、眉毛下あるいは二重部で余剰皮膚を切除します。
眉毛下切除では、顔貌を変えずに視野を改善します。
二重部切除では、はっきりした二重を形成するため顔貌が変化し若返る効果もあります。

耳(ピアス・ピアス後の耳のトラブル)

耳ピアス 耳たぶのピアスの穴をあける際は専用の器具(ピアッサー)で行います。
麻酔は行わず、冷却後に施術をします。
耳たぶ以外の部位の穴をあける際は局所麻酔後に施術をします。
ボディピアス 局所麻酔を行ってからピアスをあけます。
ピアスケロイド ピアスの穴あけによってできてしまったケロイドを、耳の自然な形状(カーブ)を考慮しながら切除します。
耳垂裂形成術 先天性のものからピアスによってできてしまったものまで、両耳のバランスを考慮しながら修正手術をします。

女性器(乳輪・小陰唇)

デリケートな部分のため他人と比較するケースはほとんどないと思いますが、不快な症状、外観のお悩みがある方はご相談ください。
診察中、治療中はプライバシーに特に配慮し、すべて女性スタッフで対応させていただきます。

乳輪縮小

バストのお悩みのひとつに、乳輪が大きくバランスが悪いということがあります。
乳輪が大きい原因は、遺伝やバストの発育と共に現れるもの、妊娠・授乳によるもの等、様々です。
乳輪の大きさは個人差がありますが、当院では乳房とのバランスをみながら治療を行っていきます。

手術内容 乳輪縮小術は、乳頭の周りを切除する方法と、乳輪の外周を切除する方法の2パターンあります。
どちらの方法が適しているかは診察次第で決定します。
どちらも乳腺を傷つけることがないので授乳には影響ありません。
施術時間 片方 約1時間 /
両方 約2時間
麻酔 局所麻酔
治療前後の
注意事項
  • 治療後7日間軟膏を塗布し、テープ保護が必要です。
  • シャワーは翌日から可能、入浴は1週間後より可能です。
  • 温泉、サウナなどは約1ヶ月程度控えてください。

小陰唇縮小

小陰唇とは、大陰唇の内側に接している左右一対のヒダの事を指します。
以下のような症状は小陰唇が原因で発生している場合があります。

  • 運動や自転車に乗ったときに衣服が擦れて痛い
  • 尿がかかり、不快なときがある
  • 大きさが気になる
  • 臭いが気になる
  • 左右の大きさや形が違う
手術内容 局所麻酔を施し、両サイドを小さく見た目も揃うように縫合します。
溶ける糸を使うので抜糸の必要はありません。
翌日からのシャワーも出来ますし、1週間後からはお風呂も入れます。
施術時間 手術時間 1~2時間程度
麻酔 局所麻酔
治療前後の
注意事項
  • シャワーは翌日から可能、入浴は1週間後より可能です。
  • 温泉、サウナなどは約1ヶ月程度控えてください。
  • 運動や長時間の歩行などは2週間程度控えてください。
  • 1か月程度性交渉はお控えください。

多汗症・腋臭症(わきが)

わきの匂い(わきが)や汗の量(多汗)が気になる方はご相談ください。
腋臭症・腋多汗症の治療としては手術(保険適応)とボツリヌス治療(自費診療)があります。
手術は 腋窩皮膚のアポクリン腺(臭いの原因となる汗腺)を外科的に除去することを目的としたものです。
アポクリン腺優位の症状の場合は手術治療で良い結果が期待できます。
ただし、術後の圧迫固定や安静、内出血など合併症のリスク、
腋窩皮膚の数ヶ月にわたるツッパリ感を乗り越えなければならないというハードルがあります。
当院では術後のトラブルのリスクを極力下げるために入院での治療を行うことができます。

手術(保険適応)

当院は皮弁法を行っています。局所麻酔(ご希望の方は静脈麻酔を行います)
アポクリン線は腋窩の皮膚の直下に存在します。これを手術で除去します。
術後は手術部位の安静のため、手術した側の肩関節の動きをバンドを用いて1週間程度制限します。

施術時間 片方 約1時間 /
両方 約2時間
麻酔 局所麻酔もしくは静脈麻酔
治療前後の
注意事項
  • 手術後5~7日間の創部の固定、上肢の安静が必要です。
  • シャワーは固定を外して創部が安定してから可能です。
  • 抜糸が必要です。
  • 剃毛は約1か月後から可能です。
バースクリニックポイント

手術では皮膚を切開し、皮膚を裏返して、アポクリン汗腺を除去する操作が加わりますので、手術後は皮裏返した皮膚の下に血が溜まったり(血腫形成)、縫合部が離開したりすることもあります。
手術後の安静と圧迫固定が非常に重要となる治療法です。
手術後の自宅での生活が不安な方は入院での治療をおすすめします。
外来手術ですと片方ずつの手術となりますが、入院治療ですと両方の腋窩を同日に行うことができます。

ボツリヌス治療(自費診療)

可逆的であり、個人差もあります。
効果が弱くなった場合には、追加のボトックス注射を行うことにより、同様の効果を得られます。
ただし、まれに体内に抗体が作られて、効果が減弱する場合があります。

ボトックス注射が
適さない方
全身性の筋肉疾患、妊娠中、妊娠予定(最終投与後2回の月経があるまで避妊)、
ボトックスのアレルギーがある方、筋弛緩剤、精神安定剤などの投与を受けている方

PAGE TOP

分娩予約状況はこちら